都会的なお墓のかたち

蝋燭

自分で利用申込みもできる

東京は至るところにビルや住宅が密集しており、墓地を設置するのに十分なスペースを確保するのが困難です。そのため、東京都心に暮らす人が墓地を求めようとすると、どうしても遠く離れた郊外、場合によっては東京以外の地域を選択せざるを得なくなります。そんな東京で近年、普及が進んでいるのが納骨堂と呼ばれる埋葬施設です。納骨堂とはその名の通り遺骨を納める施設ですが、1つの建物の中に数十、時には百を超える遺骨を収納します。いわばお墓の集合住宅といった存在です。納骨堂の形式にはさまざまな種類があります。最も多いのはロッカー式で、壁に小さく仕切った棚のような区画を並べ、そこに1つずつ骨壺を安置するというものです。施設によっては献花台なども設けられています。また、完全な閉架式で、法要等の際に限って骨壺と位牌を礼拝所に移動させるタイプもあります。納骨堂は小さな敷地面積でもたくさんの遺骨を安置できることから、都心部の霊園や寺院に多く設置されています。そのため、家族が墓参する際もわざわざ遠方まで出向く必要がなく、非常に便利です。いきおい、故人と対面する機会も増ええがちとなります。納骨堂には家族にとっての便利さの他に、もう1つメリットがあります。それは、多くの納骨堂では利用開始時に所定の費用を負担することで、永代供養が受けられることです。子供のない人や、事情があって実家のお墓には入らないという人などが生前自ら利用を申し込むこともできます。