事前に調べておく

香典返し

香典返しではタオルや洗剤などの日用品を贈ることが多いです。タオルやシーツなどが選ばれるのは、昔の名残でさらしを贈っていたことが由来といわれています。洗剤が香典返しとして選ばれるのは、不幸を洗い流すという意味が含まれているからです。洗濯用洗剤やキッチン用洗剤などを選べば問題ありません。日用品以外には食品などを贈る人が多く、形が残らないようなものを選ぶことが大切です。形が残ってしまうと、身内の不幸を思い出してしまうので消耗品を贈るようにしないといけません。参列者一人ひとりで別のものを選ぶ必要はありませんから、同じものを大量に用意してそれを贈るようにすれば大丈夫です。

香典返しを渡す時期は、忌明けの49日以降といわれていますが最近では当日に渡す人も増えています。ですが、無理にその日に渡す必要はなくある程度落ちついてからでも問題はありません。区切りとしては忌明けが最適といわれていますから、式を行なった日から日数を数えるようにすれば忘れずに贈ることができます。宗教や宗派によって贈る時期は異なるので、事前に確認しておくことが大切です。当日に香典返しを渡す人もいますが、参列した人の中には高額の香典を渡す人もいるでしょう。そのような人には、後日改めて別の品を贈るようにしましょう。香典返しはただ相手に贈ればいいというものではなく、ちゃんとマナーを学んでから贈るようにしてください。経験がある人は滞りなく準備できますが、初めての人は慌てないようにいろいろことを調べることが大切です。