メリットを知る

ろうそく

お墓として利用できる

先祖代々の家墓にとってかわり、様々な納骨のスタイルが提案されています。現在すでに建てられているお墓というのは、明治以後のものであり、そのお墓の空きが狭くなっているという傾向が増えてきているようです。そこで、新たに墓地を買い求める人も増えてきました。しかし、墓地というのは費用を必要とするため、比較的少ない費用で利用できる納骨堂が人気となっています。生前に遺族に迷惑をかけたくないとして、予約しておく故人も少なくないそうです。納骨堂というのは、かつてお墓が建立される期間遺骨を預けておく場所のことでした。それが最近はお墓としての意味合いを強めてきており、通常の墓地よりも管理の点やお参りの点で便利だとして支持されています。

予算と相談したい

通常の墓地よりも費用がかさむことなく納骨できる納骨堂ですが、その供養のタイプには種類があるので利用する前に確認しておいたほうが良いでしょう。供養のタイプによって利用する費用に差が出てくることもあるそうです。自分が希望するように供養してもらえるのかなどを注意して選ぶ必要があるかもしれません。また、基本的に葬儀の際の宗教が問われることはないようですが、寺院が運営している納骨堂の場合には、宗教についても確認が大切となります。檀家になってからでないと利用できないタイプもあり、その場合様々な面で費用が必要になることが増えることもあるようです。自分、あるいは大切な家族の遺骨を納める場所であるので、費用や交通のアクセスの良さなどと相談して決めるようにしましょう。